診療内容

帯状疱疹

このような症状です

  • 疲労・外傷・ストレス・加齢等により、抵抗力が落ちたときに症状が出る
  • 神経に沿ってブツブツや水疱が帯状にでき痛みがある
  • 後遺症として神経痛が続くこともある

skin3_ph01

当院での治療方法

1. 内服薬・外用薬での治療

ウィルスの増殖を防ぎます。
また強い痛みがある場合は、痛みを軽減する処置が必要です。

2. 医療用低出力レーザーによる治療

痛みを軽減する効果があり、疱疹の跡を治します。

3. イオントフォレーシスによる治療

保険診療でイオン導入を行います。

  • ・局所麻酔剤を電気の力で皮膚内に押し込み痛みを和らげます。
  • ・2か月後には8割の方で痛みの改善が得られています。

ページのトップへ