診療内容

下肢静脈瘤

静脈には血液の逆流を防ぐための弁がついていますが、ひざ裏や足の付け根等、太い静脈血管は合流部で壊れやすく、血液が逆流し足の下の方に溜まり、静脈がこぶのように膨らむ病気です。

このような症状です

  • 脚(ひざ裏、足の付け根等)の血管がボコボコと浮き出る
  • 脚(ひざ裏、足の付け根等)の血管が赤や青のクモの巣状に表面に出る
  • 足に潰瘍(かいよう)ができている。(皮膚が破れて出血がある)
  • 足がだるい、重い、むくむ、つる、痛む、かゆい等の症状を伴っている

当院での治療方法

1. 日帰り手術 結紮術(けっさつじゅつ)+硬化療法

静脈瘤内に硬化剤注射をして治療します。
当院は1000例以上の治療経験がある医師が手術を行ないます。

skin13_ph01

2. レーザー(Nd-YAG)治療

比較的軽症なクモ状血管腫や、ダイレーザーでの反応が乏しい苺状血管腫には、新しく導入した、
ロングパルスヤグレーザーを用いた治療を行ないます。

skin13_ph02

磯ノ上院長の著書および講演

  • 皮膚科診療プラクティス Day Surgeryの実際 (文光堂)
    1998年発行 「硬化療法」 P.106
  • 下肢静脈瘤ハンドブック -診断・治療の最前線- (医歯出版版株式会社) 2002年発行
    「静脈瘤の合併症に対する治療」P.249
  • DERMA No.89 下肢静脈瘤の診断と治療 (全日本病院出版会) 2004年発行
    「小伏在静脈瘤の治療 -高位結紮術と硬化療法-」P.43
  • 皮膚科診療のコツと落とし穴 疾患Ⅱ (中山書店) 2006年発行
    うっ滞性皮膚症 -かくれ静脈瘤をさがせ」P.155
  • 第6回 近畿下肢静脈瘤研究会 2000年11月10日
  • 下肢静脈瘤 市民公開セミナー 2002年2月14日

ページのトップへ